「私色(わたしいろ)に生きる」エッセイ・「古事記」感想文