活水文学賞

はばたけ、わたしのコトバた ち。
21世紀という新しい時代を生きる人間として、日々の中で何を感じ、何を思い、何を望んでいるか。それらを自由に、また創造的に表現し、応募してくださることを期待してます。